情報セキュリティ人材育成 公開講座

情報セキュリティ総合科学の確立

―監視社会の最小化を見据えて―


日時  :

2007年8月26日(日)〜30日(木)

会場  :

中央大学 後楽園キャンパス3号館3階 アクセスマップ
東京都文京区春日1-13-27

受講料:

無料(事前登録制)

定員: 100人 (定員になり次第締切)



[本講座の主旨]
情報セキュリティは単なる技術の活用ではなく、経営活動全般にわたる総合科学であります。その技術要素は、最近特に注目されているフォレンジック、モニタリング、トレーサビリティなど多岐にわたります。しかし組織内外にセキュリティ脅威を単純に認識して、対抗策を取るだけでは「監視社会」への道となりかねません。「監視社会」のような現象は最小限に抑え、住みよい社会を創って行くには個人の尊厳とプライバシーを尊重した情報倫理や法制度が必要です。
また、情報セキュリティを論ずるに当っては、IT技術のもたらした人と人との新しい繋がりと円滑な情報交換が価値を生み出す仕組みをも念頭に置くことが必要です。最近ではmixiを初めとするSNS(Social Network Service)が爆発的に普及しつつあります。
今年度はこのような具体的な動きを念頭に、技術の紹介だけでなく事例も含めた情報の提供を目指して講座を企画しました。皆様の積極的な参加をお待ち致します。

[申込み・修了条件]
お申込みは全講義の履修と修了が前提です。部分受講は受付けておりません。
本講座の修了には全25講義のうち20以上に出席し、指定の課題を提出することが必要です。修了の認められた方には本学より修了証を授与いたします。
お申し込みには、申し込み用紙をダウンロードして必要事項を記入の上、受講申し込み窓口宛にEメールまたはFAXでお送りください。

 
プログラムの詳細

受講申し込み用紙(MS-Word形式)
受講申込み用紙(RTF形式)



お問い合わせ・受講申し込み窓口

住 所 :

112-8551 東京都文京区春日1-13-27
中央大学 情報セキュリティ人材育成 公開講座 事務局

F A X :

03-3817-1606


E-mail :


主催
文部科学省科学技術振興調整費 中央大学研究開発機構「情報セキュリティ・情報保証 人材育成拠点」